トップ

クーリングオフの情報

賃貸契約のクーリングオフ

クーリングオフとは訪問販売や勧誘などの営業形態に認められた制度であって、不動産の売買契約では適用されますが、賃貸契約には適用されません。契約の場合、「クーリングオフによるキャンセル」ではなく「契約の解除」とみなされ、礼金や仲介手数料や前家賃は返金されず、契約条項に短期解約違約金について書かれている場合、違約金を請求されることがあります。ただし、契約した部屋の広さや設備など、事前に聞いていた内容と契約した賃貸物件が違うなどの場合は、不動産屋が加盟している不動産協会に相談することによって、キャンセルできることもあるようです。

フライヤー印刷についての疑問は、こちらで解決!
コストを安くする方法や人目を引くデザインなど、経験豊富な専門の方に相談が可能です。お問合せもこちら!

賃貸のクーリングオフは不可能

気に入った賃貸物件を契約して、その後、なんらかの理由で借主がキャンセルしたいと申し出て、クーリングオフがあるかどうかを聞く人は多いです。クーリングオフ制度というのは、特定商取引法(旧訪問販売法)に基づいて、特定商品及びに、特定役務取引を無条件に解約できる制度のことですが、この中には、不動産賃貸借契約は含まれていないのです。なので、キャンセルすると、キャンセル時の段階にもよりますが、違約金等の支払いがある場合があります。でも、全てのお金が返ってこないわけではありません。契約キャンセルを考えるなら、事前によく確認してからにしましょう。