トップ / 賃貸更新の交渉について

クーリングオフの情報

賃貸の契約期間について

賃貸物件の契約期間は主に2年のところが多いです。ただし、これは地域性があり、地域によっては1年がほとんどのところもあります。この期間には更新がある場合とない場合があります。更新できる場合の期間は、特約がなければ前回と同じで、最初が2年ならば更新も2年です。たいていはできますが、できない場合もあり、その場合にはあらかじめ契約書に「更新はできません」とはっきり書かれています。また、ごくまれに賃貸物件の家主の都合で契約期間を変更して欲しいと申し出がある場合がありますが、その場合は1ヶ月以上前に書面で連絡が届くことになっています。

契約期間ギリギリまで粘った結果

今住んでいる賃貸アパートの契約期間があと1ヶ月と迫ってきた頃に、不動産屋さんから更新するか引っ越すか決めたかと電話が入ってきました。いまのアパートは気に入っているので更新しようと決めてたのですが、まだ迷ってますと粘ってみることにしました。引越しも考えているといっておきました。ほんとギリギリになっていい物件が見つかって見に行くと伝えたら、なんとかこの賃貸アパートを更新して欲しかったみたいで、値下げするといってきました。これは嬉しい限りです。更新で値上げの物件もあるのですが、今回はラッキーでした。粘った結果5千円も値下げに成功しました。