トップ / 賃貸契約での提出書類

クーリングオフの情報

賃貸契約に必要な住民票。

賃貸契約をする際には、契約者の他に保証人も必要になります。そして、住民票も必要書類として提出しなければなりません。まずは契約者のものが必要です。これは今そこに住んでいる場所のもので大丈夫です。住所不定の人は契約を結ぶことができません。次に保証人の住民票も必要になります。保証人もきちんとした住所に住んでいる人でないと、保証人になりえません。このように賃貸契約を結ぶ際には、公的な書類が必要になってきます。これらの書類は市役所などで取得できますが、いくらかお金がかかります。書類の有効期限もありますので、取り扱いには注意してください。

住民票が必要と言われました

僕はつい最近、いい賃貸物件を見つけて、そちらに引越しました。最寄り駅から徒歩4分の1Kで、自分としてはとても気に入っています。その契約の際に、住民票が必要だと言われました。さて困りました。僕は普段仕事をしているので、区役所が空いている時間に必要書類を取りに行く事が出来ません。その事を業者の人に言ったら「区役所が日曜日に開いている場合があります」という情報をくれました。月に1回なのですが、丁度区役所が開いていたので、無事住民票を受け取る事が出来、賃貸契約も済ますことが出来ました。そして今、僕は自分の生活に、そこそこ満足しています。